健康維持のための介護用品

介護用品は、健康な人が使ってもいい商品であり、介護認定を受けていないからといって利用できないわけではありません。予防も兼ねて介護を必要としない人でも利用できます。健康維持のために使用できる介護用品は多くあります。歩くのにちょっと不安を感じるのであれば杖やシルバーカーを利用して、歩行支援が行え、転倒防止にもなりいつまでも元気に散歩や外出ができる体力づくりができます。高齢者が最も事故が多いお風呂場では、お風呂場に手すりを設置する手すりも介護用品となっています。穴をあけて工事を伴う手すりであったり、浴槽の縁に取り外しが簡単にできる手すりもあります。また、一般的なお風呂用の椅子では低くて立ち上がりにくいですが、シャワーチェアを利用して安定のある立ち座りの動作を行ったり、浴槽への移動も楽に行えます。靴もおしゃれで履けるものが各メーカーから出されており、脱着のしさすいものや歩きやすさを考えた商品があります。オシャレでかわいらしく、男性でもカッコよく使えるデザインのものが多くあります。トイレも浴室と同じように転倒が多い場所です。体の姿勢を変える動作が多い分、バランスが崩れ転倒が多くなります。その転倒防止に工事の必要な手すりを設置したり、簡易的に設置できる手すりなどもあります。寝室にもこのような手すりを設けることで、寝起きを楽にできる介護用品があります。ベッドを利用していればベッドの縁にセットできる手すりがあります。畳の上に布団を敷いて寝ているのであれば、布団に寝る動作や起き上がる動作を楽にしてくれる商品があります。毎日の生活には欠かせない食事に関しても、食器類や食品、口腔ケア用品と多くあります。食事なども少しでも楽しむための補助道具や、口の中を清潔にしやすい道具を揃えておくと、毎日のお手入れも気楽に行えます。そして食べることを楽しみにしてしっかり食べることで、健康維持にもつながります。衣類も着やすく、着心地の良さを考えて作られているものが多いです。特に肌着に関してはボタンを留めるのに手先が思うように動かない場合には、簡単に着脱できる肌着が多くあります。靴下1つでも、足裏に滑り止めが施してあれば、室内の転倒防止にもなります。足がむくみがちであれば、足首部分にゴムの入っていない商品もあるので、自分の体に合わせた衣類も多く取り扱っています。他にもたくさんの生活において楽に動作が行える支援用具があります。介護保険での利用で使えるものが多くあり、そちらの方が保険適用されて安く購入できたりレンタルができますが、介護保険を利用していなくても自分の身の安全や生活のしやすさで利用して、いつまでも健康に過ごすこともできます。