介護予防につながる介護用品

介護予防は身体的機能を維持を図り、いつまでも健康でいられます。その健康は年齢とともに衰え、ケガや事故、病気でも失われます。日頃から健康に関して気を付けていれば、自分の好きな所へ行けたり、食べたいものも十分に食べられます。病気にならないためにも毎日の食生活と見直し、体力も十分に付けなければなりません。特に体力に関しては体の機能を十分に活用していればすぐに衰える事はありません。日頃の散歩で足腰を鍛えるとともに、歩く時の身体的機能以外の強化もする必要があります。住まいの地区によっては介護予防の運動を率先して行っている自治体があります。こちらでは介護用品を活用して身体能力の維持を図っています。高額商品も多く、また大きさも一般の住宅に設置できるような大きさではないものもあります。このような商品を利用して、高齢者たちの健康維持と参加者とのコミュニケーションをとり、充実のある生活を送れるように働きがけをしてくれています。ただ体を動かすだけの介護用品ではなく、考える力も鍛える介護用品も多いです。両方を同時に行うことで、認知症予防につながり、知らず知らずのうち楽しく介護予防が行えます。介護が必要となる状況で多いのが、転倒による大腿骨骨折です。大腿骨を骨折すると必ず安静にしなければならない時間が他の骨折個所に比べ多く、リハビリをしようとした時には筋力が低下して立つこともままならない状況になる場合が多いです。そうなるとリハビリに向けてやる気を失い、下半身が動かない状態に慣れてしまい車いす生活をすることになります。このケガにより介護を必要とする場面を作るのではなく、骨折する事を防ぐ衣類があります。それはクッションのついたパンツです。大腿骨を守るように骨盤から太もも部分にかけて大きなクッションが付けられています。そのクッションによって転倒時の衝撃を抑え、骨折になるのを防いでくれます。洗濯のしやすいように、クッション部分の着脱も簡単にでき、これを履いた上に普通のズボンをはいてもクッションのふくらみが気にならない厚みにもなっています。メッシュ生地を使用しているので、夏場でも蒸れずに肌に優しく履けます。サイズも豊富なので誰でも大腿骨の骨折予防が行えます。他にも歩行中の転倒防止に杖や手すりを使用することで防げます。また、立ち座りの動作を行う際にも転倒をする恐れがあるので、椅子やトイレ、お風呂場にすべり止めマットを敷き、簡単に転倒防止を行えます。