おむつという介護用品との出会い

介護の現場に向き合いつつある方、世の中に多く浸透している介護用品に初めて目を向ける方にとって、毎日使う最も身近な存在になるのがおむつです。今は小さなお子さんだけではなく大人の方向けのおむつも多種多様に商品化されています。排泄の負担はひとりひとり違うので、体調にあわせた形状のものを選べるとよいですね。軽めの尿漏れを防ぐものは、「パッド」「ライナー」と呼ばれることが多いです。これは一人で不自由なく歩行できるけれども、ゆれの衝撃やくしゃみなどの体のゆるみで尿が漏れてしまうという方向け。薄型でも、逆流防止やムレ防止の機能を備えていて心強いものです。トイレ介助が必要になってくると、パンツタイプのものが着脱しやすいです。汚れたときには腰骨あたりをピリッと破いて、サッと取り去ることができます。もし横になって着脱することが増えたら、はじめは平面ですが腰の位置で紙テープで留められる、テープタイプに切り替えるとよいです。膝を曲げて足を穴に通すという手順が減ります。おむつ本体のさらに内側につける尿とりパッドも活躍します。全体が汚れないので、中のパッドだけを交換して、本体を長時間持たせることができます。毎日のことで費用がかかるので、これはたいていのみなさんがなさっている方法です。これらに加え、防水シーツや防水マットなどを使用します。またトイレに行ける方の場合、床を汚す心配があったら平らな形のおむつを先に敷いておくという使い方もできます。フィット感やさらさら感を求める声は多数あります。男女で尿とりの位置が違うことや、より着脱しやすくするため、材質や形状は日々開発中です。使用する私たちもより上手に使えるコツを知っておくとよいですね。例えば足まわりには漏れを防ぐための立体ギャザーがついていますが、畳んである状態のままでなくきちんと立体に起こしてから身に着けることが大事です。手で軽く押し広げて形を整えたり、何度かパサパサ、と振って収まりをよくしましょう。こうした一手間は、当たり前のようですが気づけないことも多いものです。知っていることで介護という大仕事が少しでも能率のよいものに変わるはずです。介護用品は、身近な人や自分自身が必要になって初めて意識に上る買い物です。周囲には先にそれを必要として知識も経験も増やしている仲間が大勢います。特におむつは誰もがいつかはお世話になる代表的な介護用品。便利情報などは積極的に共有していきましょう。