トイレで使用できる介護用品

トイレはズボンや下着を脱いだり履いたりします。その時に体は前かがみになり、体勢が不安定なため転倒につながりやすい危険な場所でもあります。その危険のある場所で転倒防止につなげる介護用品を使って、安心して排泄を済ませることもできます。排泄は人間にとって恥ずかしいことと強く思われるので、おむつを着調することにとても抵抗があります。やむを得ない場合以外は排泄もトイレでしたいという強い気持ちが誰もが持っているので、排泄の介護用品は年々改良が重ねられています。まず考えるのが手すりの設置です。工事を要する手すりの設置は安定感もあり、体重をしっかりかけても丈夫であります。簡単に設置できる工事がいらない手すりもあり、そちらも安定感があります。また、便器の左右に手すりがあることでしっかりと体を支えられるので、便器の左右に手すりがある介護用品は需要があります。手すりと同時に利用することで転倒防止につながる介護用品にすり止めマットがあります。体重を支える足場がしっかりしていることで、自分の体を十分に支えやすいものとなります。介護を要する場合でも介護者も姿勢の安定がとれるので介護をしやすいです。手すりやすべり止めマットはポータブルトイレでも活用できます。洋式の便座はとても固いものとなっています。介護用品の中に、便座の上に置くだけで座布団のような機能のあるものもあります。また、座面の高さが低いことで立ち上がりにくいこともあるので、便座の高さを追加する補高便座もあります。便座の上に設置するものは、汚れてもすぐに外せ水洗いが簡単にできるので、いつでも清潔にしようできます。洋式便器が普及する前に造られた和式便器をまだ利用している家も多く、和式を洋式に変える簡易的なカバーもあります。排泄をするのに移動が困難になった場合、居室にポータブルトイレを設置して、排泄を済ませることもできます。自分の部屋で排泄をすることに抵抗感がありますが、なかにはポータブルトイレとは分からないような木製で造られたものがあります。蓋をすると普通の木製の椅子のようにも使えるとあって、とても便利です。臭いが気になる人には、換気扇機能が付いたものもあるので、そちらを利用することをおすすめします。ポータブルトイレの良さはまだあり、使用する介護者の体に合わせて手すりの設置や便座の高さ、ペーパーの設置場所などが変えられます。一般の便器と同様に、ウォシュレット機能が付いているものもあるので、介護者の要望に沿える商品が多くあります。