介護用品の中でも重要な排泄に関わる用品

介護用品の中でも排泄に関する用品はデリケートな部分であり、要介護者のできること、できないことなど本人の身体的、精神的なニーズに合ったものを選ぶ必要があります。排泄に関する介護用品はトイレ用手すり、ポータブルトイレ、補高便座、差し込み便器、尿器、紙おむつなど様々な種類があります。要介護者が自分でトイレに行けるが、トイレでバランスを崩してこけたりするようなことがないように防ぐ程度の排泄用介護用品なら、トイレ用手すりを付ける、寝ていることが多くて少しは歩けるがベッドからトイレまでの道のりが遠く、すぐに排泄できるようにしたい時にはポータブルトイレ、歩けずベッドで用を足したい時や差し込み便器や尿器、寝たきりや動けてもトイレに間に合わない場合などは紙おむつを使用するなどその人に応じた介護用品が必要になります。中でも紙おむつはよく使用されるものです。そして紙おむつにも様々な種類がありますが、それもまた使用する人の状況によって使い分けることになります。ではどのような種類があって、どのような状況の人が使うとよいのでしょうか。紙おむつにはフラット型紙おむつ、テープ型紙おむつ、パンツ型紙おむつ、尿パッドがあります。これらの種類の中から選ぶポイントは、自分でトイレまで行けるけれど時々尿漏れをしてしまう人には普通の下着に尿漏れパッドを敷いたり、尿漏れ専用のハパンツを使用するとよいでしょう。またトイレまで間に合わないことが頻繁にある方は、パンツ型の紙おむつや多量の尿を吸収する尿パッドが良いでしょう。トイレまで介助必要な方の場合には、パンツ型紙おむつと尿パッドを併用するのが良いでしょう。そしてほとんど寝たきりの人はテープ型紙おむつやフラット型紙おむつが良いでしょう。しかし本人が紙おむつの使用を好まない場合など、要介護者本人の希望もあるので、本人の希望を聞いたうえでポータブルトイレを使用するようにするなど要介護者の意見を尊重しつつ、本人の状況を見て、介護をする人の負担になりすぎないようなものを選ぶようにします。ポータブルトイレも材質や機能が様々なものがあります。背もたれがついているものやついていないもの、持ち運びがしやすく軽量なもの、おしゃれなデザインのものなどがあります。またポータブルトイレに座って、立つときにふらつくことを予防するためのポータブルトイレ用の手すりなどもあります。排泄用品だけでもいろいろな種類があるので、要介護者と介護する方のニーズに応じたものを選ぶことができるのです。