寝具は体に合った介護用品を選ぶ

生活を送るなかで最も長く生活する時間は寝具の中ではないでしょうか。その寝具も多くの介護用品があるので、体に合わせた寝具選びはとても重要です。寝具によっては寝返りが難しくなり床ずれとなる場合もあるので、同じ介護用品を使うのであれば、きちんとしたものを選ぶ必要があります。ベッドを利用している場合、そのベッドが介護用品であれば、その機能を損なわないような専門商品を使用しなければなりません。マットレスの大きさは、ベッドの大きさに合わせて使用します。失禁などに備えるのであれば、マットレスに防水シーツや防水マットレスパッドを使用します。自分で起き上がれるのであれば、硬めのマットレスを使用することをおすすめします。柔らかすぎると寝起きが難しくなり、体の安定がはかれずに体がふらつきベッドの高さから転倒しても、打ちどころが悪ければ大けがになります。床ずれができそうであれば床ずれ予防マットレスというものがあるので、そちらを利用します。そのなかでも自力で体を起こしたりできる場合にはベッドの縁が固めになっているマットレスもあるので、体の状況に合わせてマットレスを選べます。ベッド上で過ごす機会が長い場合、特に床ずれにならないように予防が必要です。食事もベッド上で食べるのであれば、ベッドは背中部分が起き上がるものを使用しています。起き上がる時に体がズレ落ちる場合が多く、ベッドの背上げをした上で座る姿勢を整え直さなければなりません。そうすると介護をする方にとても負担がかかります。その負担を減らすマットレスに、ベッドが起き上がると層になっているマットレスがずれて、ベッドに接している層がずれるだけで、体に接している層のマットレスの位置は変わらない構造になるものもあります。床ずれの危険性が多く、また床ずれになってしまっている場合でも床ずれの改善を促すマットレスがあります。床ずれの多くはお尻や肩甲骨、頭、かかとにできやすいです。一般的なマットレスであればその部分で体を支えてマットレスの上で過ごしますが、床ずれ予防のマットレスであれば、マットレスに接している体全体の体重を分散をしてくれます。さらに床ずれを予防するものにエアマットレスがあります。これはマットレスの中で移動する空気の流れを使って、体にかかる負担を軽減してくれます。空気圧を部分的に変えることで、体にかかる圧を自動的に変えてくれるので介護者はとても助かる用具です。それでも床ずれを起こしやすいのであれば、体の向きを自動的に変えるエアマットレスがあります。これは体圧を空気で移動すると同時に、寝返りと同じ動作を時間によって変えてくれます。これらの商品を上手に利用することで介護を受ける方も、介護者も気兼ねなく日常生活を送れます。