移動の悩みに役立つ介護用品

病気になったり、怪我をしたり、障害を抱えたり、あるいは高齢になったりすると、それぞれに移動の悩みが現実に起こって来ます。一時的に歩行が困難になったり、症状が固定して歩行に制限が出たりと個人差がもちろんあるのですが、介護用品を活用することで、その問題を改善したり軽減したりすることが出来ます。まず、自力歩行が可能な場合ですが、真っ先に思い浮かぶ介護用品と言えば、杖でしょう。これも、歩行の安定感に応じて、色々な杖があります。不安定感が強い方には、三点で支える杖もありますし、松葉杖を使用した方が適している方もいれば、上肢の問題も抱えている方には杖も不可能だと判断されることもあります。現在では、デザイン性も機能性も向上して来ており、華やかな花柄だったり木製で高級感あるものだったり、コンパクトに折りたためる方式だったりいろいろな物が販売されています。実際に、自分で高さや握り具合だけを判断して購入するよりも、病院や施設などで出来れば理学療法士や医師に診てもらって購入すると失敗がありません。また、杖での移動で支障がある場合には、介護用品では歩行器もあります。両手で押すようにして、キャスターが底に付いているので押しながら歩くと言う感じです。安定した移動が出来るように見えるものですが、キャスター式なのでそのまま滑ってしまうと言う点は、注意喚起が必要です。そして、外出時の移動で買い物などにも使えるのが、シルバーカーです。これもデザイン性や構造も色々機能性に富んだものが販売されるようになりました。移動の際に、ちょっと椅子に座りたいと言うニーズを叶えた座ることも出来るシルバーカーもあります。軽量でコンパクトに折り畳めて、ちょっとした荷物を入れられるので、これまで杖での移動では物を持てなくて困っていた方にも好評です。車にも折りたためて乗せられるので、より利便性が高くなって来ています。杖や歩行器、シルバーカーを上手に活用することで、歩行する時の負担を軽減できるようになります。やはり、誰かの力を借りて連れて行ってもらうよりも、歩ける限りは自分の力で行ける範囲での歩行をしてみたいと言う気持ちは、持っているものです。自分で自分の行きたい場所へ行けることを叶えるためにも、こうした介護用品を活用することで、負担を軽減したり歩行の不安定さを防いだりする目的を持っています。自分の体調や不自由さに応じた歩行のための介護用品を利用して行きましょう。