PET検査ってどんなもの?

PET検査は、ガンを検査する方法のひとつです。
正式名は英語でポジトロン・エミッション・トモグラフィーと呼ばれる検査で、頭文字をとってPET検査、もしくはポジトロン断層法検査と略して呼ばれることが通常です。
これまでは、腫瘍ができたり、体に変化を感じてから検査を行うことでガンが発見されることがほとんどでした。そのため、ガン細胞の成長がある程度進んでからでないと発見しにくく、場合によっては発見が遅く治療する余地がないことも少なくありません。そのため、ガンの治療には早期発見が一番重要として知られています。
そこで大きな期待が集まっているのが、このPET検査という新しい検査方法です。
PET検査は、特殊な検査薬を用いてガン細胞に目印を付けることから始まります。この検査薬を点滴で人体に投与することで体中の細胞の内、ガン細胞だけに目印を付けることができ、その後、専用の装置を使い体をスキャンすることでガン細胞の位置や成長が確認できるのです。
これまでもレントゲンやCTスキャンなどでガン細胞を見つけることは可能でしたが、PET検査でガン細胞が追跡出来ることで従来は発見できなかったような小さな早期ガン細胞の発見が可能になりました。
PET検査を取り入れている医療機関は年々増えていますので、全国の主な専門医療機関や病院で受診することが可能です。

Comments are Closed on this Post